どうしてミックスボイスは喉の負担が少ないの?

ミックスボイスの特徴の一つは、地声が低くても高音を発声できるところにあります。でも、一方で「高い音域の声を出し続けて、喉を痛めることはないの?」という疑問を感じませんか?

実は、ミックスボイスは、発声してもそれほど喉に負担がかからない発声方法と言われています。どうしてミックスボイスは、喉の負担が少ないのでしょうか。それをこの記事でご紹介していきたいと思います。

ミックスボイスを出しても喉の負担が少ない理由

ミックスボイスを発声しても、それほど喉に負担がかからない。それには、ミックスボイスを出すためのメカニズムが関係しています。

ミックスボイスを出すためには、まず腹式呼吸で息を吐き出せるようになる必要があります。腹式呼吸とは、喉や肩、顎に力を入れないで呼吸することができる方法のことで、こうすることにより息の量をコントロールしたり、喉に力を入れずに発声したりすることができます。

ここで注目して欲しいのが、喉に力を入れずに発声することができる点です。通常、高音を発する時は喉に力を入れてしまいがちですよね。でも、この方法ですと当然喉の負担は大きくなってしまいます。

しかし、さきほどもお話ししましたが、腹式呼吸は喉に力を入れずに発声することができる方法です。そのため、腹式呼吸で発声できるようになり、なおかつミックスボイスも出せるようになれば、喉に負担をかけずに高音を出せるようになるのです。ミックスボイスを出し続けても喉の負担が少ないのは、こうしたメカニズムによるものなのです。

腹式呼吸ってどうしたらできるようになるの?

では、実際に腹式呼吸はどのようなトレーニング方法でマスターできるのでしょうか。ここでご紹介しますね。

まずは、体をリラックスさせ、鼻でゆっくり呼吸を行ないます。そうすると、胃の上部にある「横隔膜」が徐々にふくらんでいく感覚を覚えます。その感覚がつかめたら、今度はゆっくり口から息を吐き出していきます。この時、息に声を乗せるように「アー」と言ったり、「ウー」と言ったりしましょう。これに慣れてきたら、徐々に声のキーを上げていきます。これを繰り返していると、腹式呼吸で高音を出せるようになっていくと言われています。

最後に

ミックスボイスを出し続けても喉に負担がかからないのは、ミックスボイスを発声する上で重要な要素になる腹式呼吸が関係しています。ただ、ミックスボイスを出すためには、腹式呼吸に加え、声帯のコントロールと鼻腔共鳴ができるようになることも必要になります。今回は、あくまでミックスボイスを出し続けても喉の負担が少ない要因として腹式呼吸をご紹介しましたので、ここをしっかり認識しておきましょう。