安定的にミックスボイスを出すコツとは

地声が低くても、高い音を発声することができる「ミックスボイス」。でも、プロ歌手のように安定させながら出すことってなかなか難しいですよね。

「どうしたらブレがなくキレイにミックスボイスを出すことができるのか」疑問に思いますよね。そこで今回は、安定的にミックスボイスを出せるようになるコツをご紹介していきたいと思います。ぜひここで、ミックスボイスを安定させられる秘訣を認識し、歌唱力を上達させていきましょう。

ミックスボイスを安定させるためには?

ミックスボイスを出せる人も、これからミックスボイスを出せるようになろうとしている人も、ミックスボイスを安定させて出せるようになるコツを知っておくことで、今後大きなメリットを得られるはずです。そこで、まずはそのコツをご説明していきたいと思います。

結論からお話しすると、一般的にミックスボイスを安定的に出す上で大切になるのは「息の量」「脱力」であると言われています。具体的には、息の量が多くもなく少なくもない状態を維持すること、喉や肩、顎に力を入れずにリラックス状態を保つこと、と言えます。

でも、どうして息の量と脱力が安定的にミックスボイスを出すことに関係しているのでしょうか。たとえば、息の量が強すぎたとしましょう。そうすると、自然と声は大きくなりますよね。一見するといいように見えますが、これを続けていくと徐々に疲れてきつくなってきます。疲れてきつくなると、当然ミックスボイスを安定させながら出すことって難しくなりますよね。そのため、息の量はバランスの良い状態を維持しておくことが必要になるのです。なお、息の量が少なすぎる場合は、声にハリがなくキレイに聞こえないという欠点があります。

脱力については、たとえば「喉に力を込めて」発声した場合を考えてみましょう。実は、この状態のまま発声することは、喉に大きな負担をかけることにつながります。その結果、最初はうまく発声できていたとしても、じきに声が裏返ったり、喉がかれたりしてしまいます。そんなリスクにつながるのに、「喉に力を入れるとミックスボイスを安定させられる」とは言えませんよね。そのため、ミックスボイスを出す時には脱力が重要になるのです。

最後に

ミックスボイスを安定的に出すためには「息の量」「と「脱力」を意識して発声する必要があります。最初はうまくできないかもしれませんが、慣れてくると自然にできるようになってきますので地道に続けていくようにしましょうね。ぜひ、ミックスボイスを安定させ、周囲に差をつけていきましょう。