ミックスボイスを習得する上で大切になる3つのコツとは?

自分の歌唱力を伸ばすことにもつながる「ミックスボイス」。プロ歌手などが高音域の声を出す時によく使っている発声方法です。これから本格的にボイストレーニングをしようとしている方にとっては、かならず習得しておきたい発声方法ですよね。

でも、「そもそもミックスボイスってどうやって出すの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、ミックスボイスを習得できるコツを3つご紹介していきたいと思います。

ミックスボイスはどうやって習得できる?

ミックスボイスを習得する上で、できるようにならないといけないのが「腹式呼吸」「声帯のコントロール」「鼻腔共鳴」です。ここで一つずつご紹介しますね。

まずは腹式呼吸についてご説明します。ミックスボイスを出すためには、息を安定して吐き出す必要があります。腹式呼吸はお腹から息を出していく方法なのですが、これをマスターすることで、吐き出す息の量をコントロールすることができるようになります。

また、ミックスボイスは高音域の声になりますので、少なからず喉へ負担を与えてしまいます。しかし、腹式呼吸ができるようになると、喉の負担を軽減することにもつながります。このような理由があるため、ミックスボイスを習得する上で腹式呼吸は大切なポイントになるのです。

次は声帯のコントロールについてご説明します。通常、高音を発声する時の声帯は広がった状態になると言われています。しかし、ミックスボイスの特徴の一つは高音の中に低音があることです。そして、その音を出すためには声帯を閉じる必要があります。そのため、声帯をコントロールすることが大切になります。

最後は鼻腔共鳴です。鼻腔とは。鼻の根元周辺にある空間のことを指します。この空間で音を反響させることで、ミックスボイス特有の心地よい響きある声になります。

ミックスボイスを習得するためには、まずこの3つのポイントができるようにならなければなりません。ちなみに、これらのポイントができるようになるためには「リラックスした状態で鼻からゆっくり空気を吸い口から吐き出す」、「口を閉じた状態で裏声を出したり、止めたりする」、「鼻歌を歌い鼻腔で音が反響している感覚をつかむ」といった方法があります。

最後に

ミックスボイスを習得する上で大切になるのは「腹式呼吸」「声帯のコントロール」「鼻腔共鳴」です。この3つのポイントは、そう簡単に身に着けられるものではありませんが、地道にトレーニングを積んでいくことで、かならずできるようになっていくものです。ぜひ、この3つをできるようにし、ミックスボイスの習得を目指していきましょう。